トップ > ニュース > 2005年02月

ニュース 2005年02月

05年2月25日(金)

荻野裁判コーナー近々登場ほっとひといき

画期的判決文や荻野裁判の経過、資料満載のコーナーを準備中

こうご期待!

ページの先頭へ


05年2月 1日(火)

総合学習がなくなる?声明・見解

 中山文科相は、全国学力テストの実施方針を発表したかと思ったら、今度は「総合学習の削減示唆」(新聞報道による)とのこと。おかげで寝耳に水の教育行政や学校現場の管理職は大あわてです。騒ぎの発端の学力低下を示す学力調査結果をどう見ればいいのでしょうか。

 結果を見た文科省が対策に乗り出すとの報道に、「学力があぶない」の著者上野健爾氏(京大教授)は言いました。「相変わらずの場当たり主義で、事態の悪化を招くばかりである。教育の質を低下させてきた教育行政の問題点をきちんと分析し、責任の所在を明確にした上で、政策の変更をすべきである」
 また、『現代と教育』編集長の佐藤隆氏(都留文科大教授)は、これまでの「好成績」を「日本型高学力」と名付けられていることを紹介し、「日本の学校で求められてきた学力が「受験」を念頭に置いた操作への習熟と記憶の量を中心とした知識の獲得を中心に考えられてきた」と言います。
 新聞の投書欄に、ごく普通の母親であろう人から、次の内容の投稿がありました。「塾は能力別に効率よく学力をつけてくれる。お金がないと塾へもやれない。不公平。学校が塾のようにやってくれればいいのに」…学校現場はこのことにどう答えればいいでしょうか。
(機関誌“輝け瞳”18号に掲載)A

ページの先頭へ




カテゴリー



月別に表示

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年