トップ > ニュース > 2008年05月

ニュース 2008年05月

08年5月28日(水)

子どもら2000人が歓声!ほっとひといき 地域共闘

080525UjiChildFes2.jpg宇治市こどもまつり実行委員会のS事務局長はこどもまつりが終わってなんだか元気がありません。雨で規模が縮小してしまい、それまでのいろいろな苦労が徒労に終わったという思いがあるのでしょう。でも、そんな中、2000人もの親子連れが集まり、楽しい1日を過ごすことができました。ボランティアのみなさん、ご苦労様でした。

080525UjiChildFes.jpg(写真)上…アンパンマンショー(太陽が丘体育館・多目的ホールにて)/下…手作り遊びコーナーの様子(太陽が丘体育館前にて)


(以下は5月27日の新聞報道より)


雨天開催でも盛り上がるぞ!

太陽が丘でこどもまつり 趣向凝らした遊びに親子が満喫

 「つくって、遊んで、友達いっぱい」をテーマにした第32回宇治市こどもまつり(本紙など後援)が25日に宇治市広野町の太陽が丘で開かれた。
 明け方までのまとまった雨のため、体育館周辺での規模を縮小した開催となったが、イベントを楽しみにしていた親子連れなど約2000人が訪れて、趣向を凝らせた手作り遊びを満喫した。
 同「まつり」は●子どもたちにふさわしい遊びと文化を育て、広げる ●子どもたちを健やかに育てる地域社会をつくる ●子も親も楽しめる機会をつくる●子どもたちのために多くの団体が協力共同する―を合い言葉に毎年開催。
 今年も同市保育園保護者会連合会や学童保育保護者会連合会、市職員労働組合、宇治久世教職員組合など約70団体で構成する同まつり実行委員会(山中美幸・実行委員長)が主催。
 昨年からは(財)京都府公園公社・山城総合運動公園管理事務所(太陽が丘)も主催団体に加わっており、イベントを共催した。
 多目的アリーナでは米坂ちゃんぷるークラブが雨雲を吹き飛ばす陽気な琉球のリズムでステージを盛り上げ。三線と呼ばれる沖縄の三味線をベースにしたにぎやかな旋律が響いたほか、アンパンマンショー、京都文教短期大学の学生たちによる巨大絵本や手遊びなどが繰り広げられた。
 体育館前の通路では手作りコーナー、遊びコーナーが軒を並べ、趣向を凝らせた遊びに親子が興じた。
(『洛南タイムス』)

雨で規模縮小も2000人来場

第32回宇治市こどもまつり

 第32回宇治市こどもまつりが25日、太陽が丘で開かれ、あいにくの天候で規模を縮小したものの、約2000人(主催者発表)でにぎわった。
 教職員組合、市内の保育所分会・保護者会、市職労ら約70団体で構成する同実行委が主催。当初は公園内の「ふれあいの森」で盛大に開くことにしていたが、前日からの大雨で地盤が悪いことに加え、当日も雨の予報だったため、急きょ場所を体育館とその周辺に変更して実施した。
 この影響でメーンだった立命館大の音楽サークルによる出前チンドンが中止になったほか、ツリークライミング、手作りゴーカートなど予定していた33のイベントのうち、25が取り止めとなった。
 それでも午前10時の開始時には雨が上がった関係もあって大勢が来場。ストローの先を切って音が鳴るように細工し、膨らました風船を取り付けて漏れる空気で、そのメロディを楽しんだ。
 また、ステージではアンパンマンショーが子供たちに大人気。楽器演奏、巨大紙芝居、合唱なども行われ、盛り上がった。
(『城南新報』)

こちらも参照(粘土でうさぎつくったよ 宇治市でこどもまつり『京都民報Web』

ページの先頭へ


08年5月25日(日)

宇治市こどもまつりは体育館で開催ほっとひといき 地域共闘

本日開催のこどもまつりは悪天候のため太陽が丘体育館で実施することになりました。
(10時~1時)

コーナー企画は規模を縮小し、体育館前(軒下)で実施。
○つくってあそぼう(槇島小)
○ボールおとし(小倉小&育成)
○ぴょうんぴょんがえる(明星保保護者会)
○かざぐるま(明星保)
○こむぎこねんど(槇島保&保護者会)
○まとあてスマートボール(北木幡保&保護者会)
○ストロー笛(御蔵山小&育成)
○ミンミンゼミ(大久保小&育成)

ステージ企画は体育館内多目的ホールにて10:30から開始
10:35米坂ちゃんぷるークラブ(楽器演奏)
10:55京都文教短期大学(巨大絵本・手遊び)
11:15合唱団みなみ風(うた)
11:35憲ぽっぽ(おどり)
11:50保育所協議会(アンパンマンショー)

ページの先頭へ


08年5月23日(金)

みんなで「平和」を歌おう平和・憲法

peacefork_1.jpg宇城久教職員9条の会では「ピースフォークジャンボリー」と銘打って大久保駅で昔懐かしのフォークソングを歌って平和をアピールしています。

この日はたまたまその場にいた若者や聞きつけて急遽やってきた地域の平和活動家も加わって「翼をください」など6曲を演奏。久しぶりの活動でしたが、熱心に耳を傾けてくれる中学生もいたりして、反応は上々でした。

ページの先頭へ


08年5月19日(月)

みんなが主役の久御山町地域共闘

20080518YamadaKenzo.jpg5月18日(日)、久御山民主町政の会主催の講演会がありました。元南光町長・山田兼三さんが講演しました。

山田さんは1980年から7期25年間、旧南光町の町長を務められ、ひまわりの大規模栽培、8020運動の発祥地、子ども歌舞伎など、ユニークなまちづくりをすすめられました。
その施策は住民と職員参加で「まちづくり計画」を策定するなど、徹底して住民参加・住民本位の考え方が貫かれています。また、公共工事の発注では公正な入札の執行で、適正な落札金額にする。また企業・団体献金は一切受け取らない、25年間、職員も含めて、一切汚職がありませんでした。
参加者からの質問に答えて、山田さんは「道路特定財源は汚職の温床」とバッサリ。町長の経験から「生活道路の整備は一般財源で十分できます。」そして、道路財源を自公政権が握って離さないのは「政治献金・パーティー券などの見返りを頼みにしているからです」と告発しました。
久御山町は(もちろん、他の自治体も)無駄な支出をなくし、公平・公正・清潔で、住民合意を大切にして弱者に光を当てた行政運営をすれば、もっと住みよい町になる、そんな思いを強くした講演会でした。

ページの先頭へ


08年5月15日(木)

小中一貫教育推進協3部会メンバー決定小中一貫教育

実現への実働部隊、議論開始

(『城南新報』5月14日付)
 宇治市教委が2012年度の市内全域での小中一貫教育実施をめざして設置した『宇治市小中一貫教育推進協議会』(会長=高乘秀明・京教大教授)の実働部隊となる『学校運営』『教育課程』『(仮)第一小中一貫校』の3専門部会のメンバーが決まった。

小中一貫校部会には地域代表、学校関係者をはじめ、女性や幼稚園保護者もメンバー入り。今後、月1回程度の頻度で会議を開くものと思われ、小中一貫校部会では今週の同推進協での基本構想たたき台の提示をめざす。


専門部会構成員は以下の通り(先頭が部会長)

  • 学校運営(5名)…園部敏英(広野中校長)、米田康郎(大久保小校長)、加賀爪毅(大開小校長)、糸井修(宇治小校長)、大越房数(西宇治中校長)
  • 教育課程(5名)…八木章(大久保小教頭)、信太義光(大開小教諭)、石田光春(宇治小教頭)、濱田昌一(広野中教諭)、芦田定雄(東宇治中教諭)
  • (仮)第一小中一貫校(11名)…糸井修(宇治小校長)、蔀正永(宇治小校区安全連絡会会長)、嶌繁行(宇治小後援会会長、木幡青少年健全育成協議会会長)、太田敏子(宇治学区福祉委員会委員長)、白谷吉弘(宇治小育友会会長)、西村行美(宇治小育友会副会長)、福田裕香里(木幡幼稚園保護者会会長、宇治市立幼稚園PTA連合会会長)、石田光春(宇治小教頭)、芦田定雄(東宇治中教諭)、森信介(宇治小教諭)、山花啓伸(宇治市教委教育改革推進室長)

ページの先頭へ


08年5月14日(水)

西小倉地域で住宅開発計画教育改革

学校統廃合の議論に待った!

 宇治市教委は児童数減少が見込まれる西小倉地域などで学校統廃合をめざし、1学期中にも地域保護者への説明をする意向ですが、この地域に最近マンションと戸建ての開発計画が確定しました。

 市教委の児童数予測についてはその甘さが指摘されています。その最たるものが御蔵山小。毎年のように校舎を増築。現在でも空き教室不足に悩まされています。
 「小学校で3学級以上、中学校で6学級以上」という適正規模の基準自体が、現場感覚とはズレがあります。学年単学級では児童の発達上課題があるというのも偏見に満ちたものです。(笠取の2校に通う児童はどうなのでしょうか。全国には単学級の学校はたくさん存在します。)
 拙速な学校統廃合は避けるべきです。統廃合先にありきではなく、住民、保護者の声をしっかり聞くべきです。小規模校の良さにも目を向けるべきではないでしょうか。


(以下は『洛南タイムス』5月13日付)

児童減続く西小倉で、複数の宅造計画

学校統廃合論議に波及?

 宇治市教委は公表している第1次「NEXUSプラン」で、児童生徒数の減少が顕著な南宇治、西小倉地域で学校統廃合や小中一貫校の設置を視野に入れた対応に言及。1学期中にも、関係地域保護者らへの説明に入っていく意向だが、児童数の減少とともに統廃合議論の大きな要因にあげられる学年単学級の発生にもリンクする校区内の住宅開発動向だが、西小倉地域で最近になって2ヶ所でマンションと戸建ての住宅の開発計画が確定。更に近鉄小倉駅西地区でも住宅開発計画が浮上するなど、今後の児童数の見通しに多少の変化が起きる要因が持ち上がり、市教委はその動向に注視している。

ページの先頭へ


08年5月12日(月)

女性部が総会開く!女性部

080510Joseibu.jpg5月10日(土)、宇治久世教組女性部は総会を開き、2007年度の活動を総括するとともに、当面の運動方針を決定しました。

 総会では以下の「女性部総会宣言」を満場一致で採択しました。

「新テロ対策特別措置法案」の衆議院本会議での再可決の強行で幕を開けた2008年。イラク戦争開始から3月20日で5年目をむかえました。米軍による軍事行動やテロの増大による治安の悪化で5年間の死者数は、100万人以上と推計されています。どれだけの子どもや女性が犠牲になったのでしょうか。昨年末の世論調査では、国民の大多数が自衛隊の給油活動再開、新テロ特措法の再議決を望んでいないことが明らかになっています。戦争でテロがなくせないのは自明の理です。武力にたよらない平和を、国際社会が一致して追求することが求められています。
 4月から「後期高齢者医療制度」が実施され、各地で怒りの声が上がっています。また、非正規労働者は1995年には、17.5%でしたが、2007年度、33.3%にまで増加しているということです。格差の拡大がくらしや子どもと教育を直撃しています。自衛隊海外派兵恒久法や米軍基地再編・強化に反対し、憲法9条を守り、教育とくらしに生かす取り組みを強めていきましょう。
 3月28日、新しい小中学校の学習指導要領が告示されました。「異例の修正」といわれたこの改訂には、愛国心教育をより強調する修正が加えられました。改悪教育基本法、教育改悪3法の具体化が進められていますが、子どもと教育、私達の職場に深刻な困難をもたらしています。「全国一斉学力テスト」などの競争と詰め込み、学力格差の拡大が学ぶ意欲を奪っています。OECD調査で1位になった、かのフィンランドでは、教材選定、カリキュラムの作成等の多くの権限が学校にあるということです。教育大臣は、「国が学校の独自の取り組みを阻害してはならない」と述べています。この姿勢こそ日本の政府・文科省が見習うべきことでしょう。
 私達は、宇治久世女性教研で、教育の「偽」を見抜き、告発する責任と力は私達にある、現場の私達が力を合わせて「偽」を見極めていくことが大事だと学びました。また、全国女性教職員学習交流集会では、職場から「同僚生」が奪われている現状の訴えを聞き、つながり合うことの大切さを改めて思いました。
 来年1月には、この宇治久世の地で京都女性教研が開催されます。昨年は、8名の新しい仲間(内、講師の方も含めて、6名が女性)を迎えることができました。知恵と力を集め、この取り組みの中で、更に、新しい仲間を迎え、成功に向けて取り組んでいきましょう。
 「集まれば元気、語り合えば勇気」の合い言葉のもと、女性らしく、「しなやかに したたかに しぶとく」輝いて、運動を進めていきましょう。

ページの先頭へ


08年5月 8日(木)

スタンディングアピール宇治平和・憲法

Standing.jpg
5月3日の憲法記念日を記念(?)して、宇治9条の会は五月晴れのもと、行楽で賑わう宇治橋で宣伝をしました。約100人の市民が、手作りの横断幕やプラカード・ボードなどを手に「憲法九条で平和を守ろう」などと各人の思いを訴えました。

(以下『洛南タイムス』5月8日付。写真は筆者)

行楽客に改憲阻止アピール

9条を守る宇治連絡会 憲法記念日に宇治橋上で訴え

Image067.jpg
 憲法記念日に呼応した9条を守る宇治連絡会の「5・3スタンディングアピール宇治」が3日に宇治橋で開かれ、行楽で宇治を訪れた観光客らに改憲反対をアピールした。
 同連絡会は立場や考え方、宗教の違いなどを超え、情報や経験を交流するネットワークを広げ、講演会活動などを通して戦争放棄をうたった日本国憲法を守る運動の輪を広げていこうと安斎育郎(立命館平和ミュージアム館長)大塚愼(日本キリスト教団宇治教会牧師)上林春松(茶師)川村善之(京都市立芸術大学名誉教授)谷ひろし(人形劇団京芸代表)の5氏が共同代表となって3年前に結成。宇治市内各地の9条の会など約30数団体が参画している。(筆者注:「宇城久教職員九条の会」もその1つ)
 宇治市職労、洛南労組連などの取り組みでは「平和な世の中だからこそ観光ができる。戦争放棄をうたった憲法9条と生存権をうたった25条を守ろう」などとハンドマイクを握った参加者がリレートークでアピール。
 「折り鶴」の歌を唄うグループや「戦争したらあかん」「守ろう憲法9条」「戦争で育つ子どもたちこそが犠牲者」などのプラカードや横断幕を掲げるグループなど参加者が思い思いのスタイルで「改憲反対」をアピール。9条の改憲に反対する請願書の署名への協力を呼びかけた。

ページの先頭へ


08年5月 4日(日)

憲法集会in京都平和・憲法

「連帯して9条守る」円山公園 憲法記念日で集会

(「京都新聞」5月4日付)
YuasaMakoto.jpg 「憲法記念日」の3日、「生きるためにいま憲法!5・3憲法集会in京都」(同実行委主催)が京都市東山区の円山公園音楽堂で開かれた。

生活困窮者を支援する「反貧困ネットワーク」の湯浅誠事務局長(写真=撮影は宇治久世教組)らが講演し、集まった約1,700人が連帯して憲法を守り、生かすことを誓った。
 湯浅さんは米国で貧困から兵隊に志願する人が増えている例を示し、「貧困を生む社会は戦争への抵抗力も弱い」と強調。戦争放棄を示した憲法9条と生存権を保障する25条をセットで語り広める重要性を訴えた。
 安斎育郎国際平和ミュージアム名誉館長も講演した。憲法9条が世界大戦の惨禍から生まれた経過を紹介し、「憲法9条を守る心を政治的な力に変えよう」と呼びかけた。
 市民団体代表らが労働者支援などの活動を紹介した後、参加者が市役所まで行進し、「憲法9条を守ろう」などとアピールした。

ページの先頭へ


08年5月 2日(金)

第55回南山城統一メーデー地域共闘

労働環境、後期高齢などに怒り

(「城南新報」5月2日付。写真はプラカード・デコレーションコンクールの審査発表をする富部委員長=宇治久世教組撮影)
Image045.jpg
 働く者の祭典『メーデー』の1日、地元では京都総評系が『第55回南山城統一メーデー』を宇治川塔の島一帯で開き、51団体・約700人がプラカード、横断幕を持ち約2.5キロにわたってデモ行進した。

 『働くものの団結で生活と権利、平和と民主主義を守ろう!』を中心スローガンとして掲出。小松直人実行委員長は「ガソリン税の暫定税率復活は自公の暴挙。小麦粉、電気などの値上がりに加え、後期高齢者医療制度でますます生活が苦しくなっている。非正規労働、低賃金と働くルール作りが必要だ。また、軍縮し核兵器のない国作りのため憲法9条を守る必要がある。命と暮らしを守るため国政の変革を」と挨拶した。
 共産党の浜田良之・京都6区予定候補者も後期高齢者医療制度の廃止、労働者派遣法の改正などを訴え「働くものの暮らし、権利を守るため、一致団結して福田内閣を包囲しよう」と呼びかけた。
 続いて、各労組が決意表明したが、なかでも『久御山生活と権利を守る会』の武田万徳事務局長は「坂本町長は暮らし、生活を破壊する集中改革プランを進めている。暮らしを良くするためには坂本町長を代えること。夏の大きな闘い(町長選)を全力で闘うことを表明する」と決意。「出馬表明」と思わせるシーンも見られ、連続無投票阻止に向けた意気込みを見せた。
 メーデー宣言では「労働者の生活を破壊してきた日本の政治への強い憤りを表明する」「後期高齢者医療制度の中止・撤回をめざし闘うことを強く表明する」「地域すべての労働者を代表して政治変革を求める」「今年は久御山町長選、宇治市長選が実施される。国の政治も地方の政治も国民本位、住民本位の方向に転換させるよう大いに奮闘しよう」などとした文案を採択。ガンバロウ三唱を行い、地方自治体の首長選挙での勝利、次期衆院選での勝利に向けて気勢を上げた。

ページの先頭へ




カテゴリー



月別に表示

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年