トップ > ニュース > 2008年06月

ニュース 2008年06月

08年6月30日(月)

「憲法9条京都の会」発足のつどい平和・憲法

「憲法9条京都の会」の発足のつどいが29日、京都市下京区で開かれました。雨が激しく降るなか、会場あふれる1050人が参加し、同会を結成しました。
Kenpo-9-Kyoto.jpg
(『しんぶん赤旗』6月30日付、写真も)

 府内で340を超える会が草の根で活発に活動していますが、府段階で「9条の会」をつくろうと昨年から準備を進めてきました。
 代表世話人に、有馬頼底(臨済宗相国寺派管長、金閣寺・銀閣寺住職)、安斎育郎(憲法9条メッセージプロジェクト代表)、梅原猛(哲学者)、茂山千之丞(狂言役者、演出)、瀬戸内寂聴(作家)、鶴見俊輔(哲学者)の六氏を選びました。
 鶴見さんは「九条に寄せる私の想い」と題して記念講演。勇ましい声で飾るのでなく、自らのタコつぽの中から「九条の理想に向かって声を出し続けたい」と話しました。
 鶴見さん、安斎さん、瀬戸内さん三人の記念鼎談(ていだん)で、瀬戸内さんがイラクの人たちへ薬を届ける命がけの活動を紹介。今回初めて九条の会に加わったことも明かしました。中国から引き揚げた体験のある瀬戸内さんは「戦争くらい愚劣なことはありません。人を殺さず、殺させないは仏教の守るぺき戒律です。このことに私は命をかけたい」と語りました。
 鶴見さんは「2つの原爆を落とされた日本が、9条を糸口として、世界に平和の強いメッセージを届ける決意を持ちたい」と話しました。
 京都市右京区からきた永井修治さん(60)は「宗教界でのたくさんの平和の声など京都らしいつどいになりました。私も若い人たちに9条の平和の声を広めるためにがんぱりたい」と話しています。

ページの先頭へ


08年6月26日(木)

核兵器のない世界つくろう平和・憲法

(昨日の平和行進に関する地元紙の報道)

宇城久平和行進 誕生から50周年、沿道で訴え

(『洛南タイムス』6月26日付)
 核兵器の廃絶への願いを込めて国内各地をつなぐ08年原水爆禁止国民平和大行進(提唱=原水爆禁止世界大会実行委員会)が25日、府南部で展開され、「核兵器をなくそう」「平和憲法を守ろう」などと沿道でピースコールを叫んだ。

 宇治市では市役所北側の「平和の像」前では午前9時20分から出発式が開かれた。
 集会では労働組合や京都生協の行政区委員、新日本婦人の会など約40団体で構成する宇城久平和行進実行委の小松直人実行委員長が1958年に始まり、今年で50周年を迎える平和大行進の意義をふまえ「2010年の核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた核兵器廃絶の声を内外にいっそう大きく響かせ、草の根の平和の願いを広島・長崎へとつなごう」とあいさつ。
 5月6日に東京の夢の島を出発し、広島・長崎まで通しのピースリレーを続けている通し行進者の志谷泰雄さん(67)=松江市=が被爆から63年が経過した今も25万人の被爆者が原爆症などで苦しんでいる現状をふまえ「多くの被爆者の気持ちを汲んで、広島に向かいたい」とあいさつ。
 府内の通し行進参加者が連帯のあいさつを述べ、地元行進団を代表して京都生協宇治・宇治田原行政区の福田康子さん(40)が「平和の大切さについて考えながら歩き、平和を求める輪を広げたい」と決意表明。
 約150人の参加者が市役所~城南高校~大久保~城陽市役所までを従来実施していた府道宇治淀線、府道69号線(旧・国道24号線)の元のコースを通って行進。
 大久保で久御山町からの行進と合流し、お昼に城陽市役所前で集会を開き、山城大橋西詰めで綴喜行進団に願いを託した。


核廃絶の声高らかに 宇城久平和行進 反戦のうねりを沿道へ

(『城南新報』6月26日付)
 核溌絶の願いを全国各地でつなぐ2008宇城久平和行進が25日に府南部で行われ、参加者たちが世界平和への思いを込めて足跡を刻んだ。
 今年で50周年を迎えた原水爆禁止国民平和和大行進は、全国7割を超える自治体で10万人が参加する運動へと発展した。5月6日に東京・夢の島を出発し、8月の広島・長崎のゴールを目指し草の根から「反戦」を人々に託す。
 宇治市役所前ではこの日、午前9時すぎから集会が開かれ、約150人が参加した。宇城久平和行進実行委員会の小松直人実行委員長は、「この行進は広島、長崎、そして世界に続いている。核廃絶につながることを声高らかに叫ぼう」と挨拶。島根県から参加した通し行進者の志谷泰雄さん(67)が「島根県に住む被爆者の平均年齢は74歳、切羽詰っている。いまだに被爆者であることが言えない人もいる。そのような人々の思いをくみ、行進を続けたい」と決意をにじませた。
 非核・平和施策に関する行政要望の報告、原爆症認定集団訴訟での勝訴事例を踏まえた決意表明が行われたあと、一行は午前10時前に出発して今年は府道宇治淀線から城陽市へ。ピースコールを沿道に呼ぴかけながら練り歩き、午後2時30分に山城大橋西詰で綴喜行進団へ引き継いだ。

ページの先頭へ


08年6月25日(水)

2008宇城久平和行進平和・憲法

20080625uji1.jpg原水爆禁止国民平和大行進は今年50周年を迎えました。折しもつい先日、長崎地裁によって原告20名に対し原爆症を認定する判決が出されたばかり。福田首相の早期の政治決断が求められているところです。

私たち宇城久平和行進実行委員会は宇治市、城陽市、久御山町に対し、住民に対する非核・平和施策の充実など7項目にわたる「要望書」をもとに要請行動をもちました。
20080625Joyo1.jpg

そして、「ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!」「核兵器をなくしましょう!」などと唱和しながら、宇治、城陽、久御山の町を歩いてアピールをしました。
20080625Joyo2.jpg
宇治久世教組からの参加は3名でしたが、寄せ書きの黄色い布が目立ってました!
それにしてもこないだのソフトバレー、今日の宇治市役所から新田辺駅までの行進は運動不足の身には少々こたえました。フー!

ページの先頭へ


08年6月21日(土)

宇治久世新歓第5回ソフトバレーボール大会ほっとひといき

6月21日(土)城陽市民体育館で開かれた「第5回ソフトバレーボール大会」は老若男女51名の参加を得て和気藹々としたムードで始まりました。 20080621Kohata_vs_Imaike.jpg
しかし、対戦を重ねるにつれ、ヒートアップ。優勝チームには豪華賞品が当たるとあって、事実上の決勝戦となった木幡小チーム対今池小チームの対戦(写真)は真剣そのもの。結局、エースのスパイクが炸裂して木幡小が優勝に輝きました。

閉会式では青年部の代表2名が「ベテラン、中堅、若手がボールをつないで、力を合わせて得点できて最高でした。」などと感想を述べました。日頃のしんどさも吹き飛ぶ楽しいひとときを過ごすことができました。

試合結果


予選リーグAコート

  伊A 神明 木幡 勝敗 順位
伊勢田A   × 1-1 2
神明小 ×   × 0-2 3
木幡小   2-0 1


予選リーグBコート

  大久 今池 御蔵 勝敗 順位
大久保   × × 0-2 3
今池小   2-0 1
御蔵山 ×   1-1 2


予選リーグCコート

  岡屋 青谷 伊B 勝敗 順位
岡屋小   2-0 1
青谷小 ×   × 0-2 3
伊勢田B ×   1-1 2




決勝リーグAコート

  岡屋 木幡 今池 勝敗 順位
岡屋小   × × 0-2 3
木幡小   2-0 1
今池小 ×   1-1 2


決勝リーグBコート

  伊B 御蔵 伊A 勝敗 順位
伊勢田B   × 1-1 5
御蔵山   2-0 4
伊勢田A × ×   0-2 6


決勝リーグCコート

  大久 青谷 神明 勝敗 順位
大久保   2-0 7
青谷小 ×   × 0-2 9
神明小 ×   1-1 8

ページの先頭へ


08年6月13日(金)

第1回宇治久世「先生の学校」教育研究

20080612Tamada.jpg
玉田豊先生を講師に迎えた第1回「先生の学校」が昨夜開かれ、20名の生徒(?)が参加し、有意義なひとときを過ごしました。半数が青年でした。

「教室で使える遊び・ゲーム」というテーマで、今までの実践で蓄積してきた60に及ぶゲームを紹介。授業、クラスレクレーションやキャンプファイヤー、バス内でできるゲーム等を実習形式で学びました。
おまけに玉田先生お得意のカードマジックまで伝授。参加者は大満足でした。

  • さっそく明日、子どもたちにやってあげたい!と思うようなゲームや手品ばかりでした。2時間、本当にあっという間で、とても楽しい時間でした。ありがとうございました。なんだか明日から学校に行くのが楽しみになりました。子どもたちを早くよろこばせてあげたいです。
  • 今日も1日学校で疲れていたのですが、参加して元気をもらいました。子どものためのゲームですが、大人でも楽しめる内容だと思いました。今回の楽しさ、驚きを子どもに味わわせてあげたいと思います。
  • 今日の教研は期待通り楽しいものでした。ゲーム、手品もすばらしいものでしたが、先生の柔らかな話術がとても印象的でした。この雰囲気と間の取り方、大変参考になりました。
  • ゲームも手品も今日は参加者として楽しませてもらいました。明日からは自分がマジシャン、指導者として、子ともたちの前に立ちたいと思います。
  • 明日からすぐに使えるゲームがたくさん教われて、とてもうれしいです。トランプまでいただいて!!明日、子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かびます。
  • クラスの中で協力することや皆で1つのことをして楽しむという経験をできるだけさせてあげたいと思っていたのですが、ゲームや遊びをあまり知らずに困っていました。準備物も少なくて楽しそうだったので、月曜日さっそくやります!!
  • とてもおもしろかったです。これまで、先輩方が蓄積されていた知恵を、遠慮なく使わせていただこうと思いました。しかも、競争になると燃えるというのは何歳でも同じだと思いました。

20080612Tamada2.jpg
第2回「先生の学校」は7月3日(木)18:30~「全国教研のレポーターから学ぶ」です。

ページの先頭へ


08年6月11日(水)

「京都新歓2008」に250人集う!青年部

 新しく教育現場に来られた若い教職員の方を歓迎する企画、「新しい仲間と語る教育と文化の集い」(京都新歓2008)が6月7日(土)、京都教育文化センターで開かれ、青年教師を中心に250名が参加し、盛り上がりました。
RockSoran.jpg

 実行委員による勇壮な「ロックソーラン」(上の写真)に続き、青年部の活動をスライドで紹介。
 京都各地の青年部の代表が舞台に上がり、宇治久世からは中島青年部長がこの間、動き出した青年部活動について紹介しました。
YuTanaka.jpg
 「apバンク」を立ち上げるなど、環境問題に真正面から取り組んでいる田中優さんの講演は実際のデータを元にグラフを駆使して非常に分かりやすく、解説。(下の写真)
 「温暖化や環境破壊って食い止められるの?」「戦争をなくす方法は?」―これら一つ一つの問いに、明確で具体的な答えがわかり、明日からの生き方を見直す第一歩につながるものでした。
 場所を移して開かれた「大交流会」にも宇治久世から5名が参加。クイズ大会や交流で大いに盛り上がりました。

ページの先頭へ




カテゴリー



月別に表示

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年