トップ > ニュース > 2009年12月

ニュース 2009年12月

09年12月11日(金)

ゆきとどいた教育を地域共闘

20091211.jpg今「ゆきとどいた教育を求める全国署名集約集会」に参加しています。

教育の無償化、少人数学級の実現を求める高校生や保護者の発言が続きます。
大阪の高校生は知事の自己責任論にへこたれず、「主権者は私たち」との思いで国会議員要請にも取り組みました。
長野県のある学校では組合活動に生徒を巻き込むな、という校長の横槍に対し、PTAと一体となった粘り強い取り組みを展開し、大きな成果を残したことが報告されました。
こうした全国各地の様々な取り組みの積み重ねが世論を動かし、大きなうねりになり、政府を動かしつつあります。
京都からは私学も含めて約36万筆の署名を提出しました。

ページの先頭へ


09年12月10日(木)

あらす野の野鳥を守る会発足ほっとひといき

城陽の古川 初の観察会

(12月10日付『京都新聞』)
20091209arasuno.jpg
城陽市北西部に生息する野鳥や生態系を保全しようと「あらす野の野鳥を守る会」が9日発足し、初めての観察会を古川べりで行った。

ページの先頭へ


09年12月 7日(月)

教育請願署名府議会提出行動地域共闘

20091204Syomei.jpg
12月4日(金)、子どもと教育・文化を守る京都府民会議は京都府議会に「教育格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を求める請願」など、合計7万筆以上の署名を添えて提出しました。

紹介議員には共産党の山内・上原議員がなって下さいました。他の会派は紹介議員にはなってもらえませんでしたが、公明党以外の全会派と懇談を持つことができました。少人数学級や教育費の父母負担軽減が国の方針にもなっており、府議会にも影響を及ぼしているようです。
今週金曜日には全国署名集約集会が日本教育会館であります。

ページの先頭へ




カテゴリー



月別に表示

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年