トップ > ニュース > 2016年03月

ニュース 2016年03月

16年3月24日(木)

第62回定期大会組合活動

 宇治久世教職員組合は2月27日(土)第62回定期大会を開き、今年度の総括および来年度の方針等について話し合い全ての議案を採択しました。
 討論では、労安問題、組合拡大、教育条件改善、分会活動、平和を守る取り組み専門部の報告など19本の貴重な発言があり議案を深めることができました。
 若者からの発言も多く、組合の意義や自分たちが担っていくこと、青年部の取り組みなど生き生きと語ってくれました。
%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%A4%A7%E4%BC%9A%EF%BC%91.jpg
%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%A4%A7%E4%BC%9A%EF%BC%92.jpg

ページの先頭へ


16年3月 2日(水)

青年部ニュース青年部

 青年部は2月に、教研やスノボツアーなどを取り組みました。これからも学びつながる取り組みを企画しますので、ぜひ皆さんも参加して下さいね。
 取り組みの様子をニュースにしました。
青年部ニュースをダウンロード

ページの先頭へ


16年3月 2日(水)

うじくせ青年教研開催しました

 ココロも希望も満タンにを合言葉に今年も青年教研を開催しました!!
全体会では、昨年の戦争法に反対の国民的な運動に大きく関わったSEALDs関西の佐伯宗信さんを講師に平和の取り組みについて学びました。
 講演の中で、なぜ活動を始めたのか、今後の活動についてなど現在の情勢も含めて熱く語ってくれました。講演後の青年教員との対談の中で「今の教師に求めるものは?」の青年教師からの質問に佐伯さんは「教員に今以上に何かを求めるのは良くない。教師の多忙な状況を改善してからだ!!」と教師の勤務実態の改善の必要性を語りました。同時に教師は学校だけの世界で物事を考えるのではなく、外に出て視野を広げることの大切さを教えてくれました。
%E9%9D%92%E5%B9%B4%E6%95%99%E7%A0%94%EF%BC%91.jpg

 分会会1の福島出身の青年教員による「私の生きたフクシマ」
報道されていないフクシマの現実や、住民の苦悩などが詳しく語られました。青年教師の語るフクシマの様子や震災での経験を子どもたちに伝える様子に胸を打たれました。
 分科会2の「アフロがつけたい楽力(学力)」何事も楽しみながら取り組み実践やクラス集団作りについて、楽しみながら学びました。
%E9%9D%92%E5%B9%B4%E6%95%99%E7%A0%94%EF%BC%92.jpg
 

ページの先頭へ




カテゴリー



月別に表示

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年