闘病 - 死 - 会結成逆転勝利まで

荻野さんは、『再び教壇へ』『もう一度子供たちと一緒に…』と言う希望・願いのもと、病院で必死にリハビリに取り組んだが、その努力も虚しく、 - 1995年1月19日 - 帰らぬ人となりました。

葬儀には、御舘君を始め多くの教え子たちも参加し、別れを惜しみました。

その後、なかなか審査請求の結果がでない事を背景に、1995年6月24日、「荻野先生の公務災害認定を勝ち取る会」が結成されました。

ページの先頭へ